Digital Tヒンク Tアンク(DTT)

一般利用規約デジタルシンクタンク-博士。 Ireneusz Iwanowski

デジタルシンクタンク-博士Ireneusz Iwanowski(以下、請負業者と呼びます) 提供t 彼の 商業の クライアント 各種サービス 契約当事者間の特別な信頼関係が必要です。 これを考慮し、契約に起因する両当事者の権利と義務を可能な限り包括的に定義し、それらを透明にするために、また実際の注文処理に必要な手順がスムーズに実行されることを規定するために、私たちの一般規約が適用されます (条件).

私たちの
条件 すべての人の一部であり基礎です zwischen 請負業者とクライアント 締結された契約および合意。 また、請負業者とクライアントの間で締結されたすべての将来の契約にも適用されます と合意クライアントからの同意のさらなる明示的な宣言を必要とせずに。

契約当事者が個々のケースで異なる規制に契約上同意する場合、一般条件は適用されないか、限られた範囲でのみ適用されます。 逸脱するすべての合意は書面で行う必要があります 契約当事者の明示的な同意。 AGB 請負業者がこれらの条件に明示的に異議を唱えなくても、クライアントの一部は契約の一部にはなりません。

1. 契約当事者

会社は契約当事者とみなされます
デジタルシンクタンク博士Ireneusz Iwanowski、Lange Str。23、37127 Niemetal 請負業者、およびそれぞれのクライアント(顧客)として。 いずれかの当事者が第三者契約の履行に関与している場合でも または代用エージェント 提供された場合、彼らは契約上のパートナーにはなりません。 特に明記されていない限り、契約は第三者に有利な保護効果はありません。

請負業者は、この契約に基づく義務を履行する権利があります
代理人または クライアントの正当な利益と矛盾しないこと、およびサードパーティが同等のデータ保護を備えていることを条件として、サードパーティにサービスを提供すること。 守秘義務基準 に固執します。 彼がこの権利を利用する場合、これは委託された第三者または請負業者の代理人とクライアントとの間に契約関係を確立するものではありません。

請負業者は、現在のデータ保護規制を考慮し、可能な限り考慮して、彼が受け入れた活動を最大限に実行し、彼が利用できるあらゆる手段、知識、およびスキルを使用することを約束します。
守秘義務 およびデータ保護 現在の技術レベルで 実行します。

2. スコープ

すべてのオファー、サービス、および配信は、これらの契約条件にのみ基づいて行われます。 インターネットを介して注文する場合、クライアントは注文時に遅くともこれらの利用規約への同意を宣言する必要があります。 他の方法で注文された場合、取引条件が開始される前にクライアントが書面で利用可能になり、クライアントが書面で明示的に矛盾しない場合、契約条件は受け入れられたと見なされます。
一般条件が請負業者に引き渡されたオファーの受諾は、これらの一般条件の受諾と見なされます。 クライアントの一般条件の有効性に関する矛盾は許可されていません。

3. 契約締結

サービスの説明en インターネットまたは別の形式での請負業者の (例:チラシ) です。 変更される可能性があり、拘束力はなく、法的な意味でのオファーを構成するものではありません。サービスの範囲、価格、納期は、クライアントと請負業者の間で明示的に合意されている場合にのみ、請負業者を拘束します。 (契約または注文確認).

契約締結には書面が必要です
提供 注文のテイカーズ 書面または電子A申し出の受諾 注文を通じてゲーバー. 科学コンサルティング契約(サービス契約 または料金契約)契約が両方の契約当事者によって署名されたときに発生します。 クライアントからのリクエストの送信も、 常に変更される可能性があります 申し出s 請負業者の それ自体で 正当化するn 契約関係。

科学コンサルティング契約には、少なくとも両方の契約当事者に関する情報、プロジェクトの説明、請負業者のサービスの範囲が含まれている必要があります。 契約期間またはサービス期間、 費用の報酬と償還、 条件 報告、 など クライアントと請負業者の協力の義務 含む。 請負業者のデータ保護および機密保持宣言がそれに応じて適用されます。

A 注文確認は、クライアントがそれに気付くとすぐに受信されたと見なされます。 電子送信の場合、クライアントの電子メールアカウントが配置されているサーバー上の受信はアクセスと見なされます。 郵送の場合、最大3営業日の局留めが適用されます。 クライアントの実際の知識は重要ではありません。

例外的なケースでは、定期的なサービスの契約は、両当事者の事前の書面による明示的な合意の後、事前の確認なしに署名することもできます
実行 委託サービスの理由。

さらにまたはサービス契約で特に指定されていない限り、注文確認はオブジェクト、スコープ、
期間 と契約の報酬。 注文確認の数量と範囲は、クライアントから提供された情報に基づいています。

提供される実際のサービスが注文時に提供された情報から逸脱している限り または、クライアントが変更または追加を要求した場合、これらは支出に応じて個別に請求されます。 合意された料金が10%を超える可能性がある場合は、クライアントの同意が必要です(書面または電子形式(電子メールなど))。

請負業者の契約上の義務のあるサービスは、クライアントが単独の責任の下で実行するそれぞれのプロジェクトでクライアントをサポートするためにのみ実行されます。 請負業者は、彼が利用できるあらゆる手段、知識、スキルを使用して、有能かつ慎重にサービスを実行することを約束します。 ただし、この文脈では、請負業者はサービスの提供について一切の責任を負いません。
一定の成功.

請負業者は、彼が法律または税務顧問サービスを提供していないことを明確に指摘しています。 請負業者による特許登録の分野でのコンサルティングサービスは、弁理士の法的助言活動に取って代わるものではありません。

請負業者はいつでも自由に勤務地と勤務時間を選択できます。 公演の時間/期間と場所 締約国は、相互に詳細に合意するものとします。

クライアントは、クライアントまたは彼の必要なすべての協力を保証します
r 請負業者には、必要な範囲で無料で代理店が適切な時期に提供されます。 クライアントが協力するという主要な義務を順守しなかった場合、請負業者によるサービスの提供が遅れることが正当化されますが、請負業者はその責任を負いません。

4. パフォーマンス と配達

請負業者のサービスの提供は、以前に契約で合意された送信ルートで、できれば電子データ送信(電子メール、安全なサーバーでの提供など)によって行われます。 宅配便による保険/貴重品の輸送 または個人的に.

請負業者は、可能な限り最も安全な方法でサービスを適切に発送する責任を負います。 請負業者の重大な過失または意図がない限り、転送中またはサービスの提供後のデータの損失、遅延、切断、または改ざんは、クライアントの単独の責任です。 同じことが他の配達にも当てはまります。 電子データ送信以外の方法での配送の場合、お客様は送料と送料のリスクを負担します。

5. 物価

請負業者のホームページや広告資料、およびオファーの価格情報は拘束力を持ちません。 すべて 価格は、正味価格に適用される法定付加価値税を加えたものです。

請負業者の現在の価格表は、請負業者のオファーおよび注文確認の価格設定の基礎として適用されます。 価格表は、注文前にクライアントまたは潜在的なクライアントが要求に応じて表示できます。 それ以外の場合、価格は請負業者の書面による申し出または書面による注文確認から生じます。 または当事者間で締結された料金契約.

計算 時間料金によると、請求は15分間隔で行われます。 これは、15分ごとまたはその一部について、処理時間が完全な時給に比例して計算されることを意味します。

エクスプレスサービスの場合、現在の価格に追加料金が追加されます(エクスプレス追加料金)。 追加料金の金額は、個々に希望する処理時間枠によって異なり、注文が行われる前に、請負業者の申し出または補足契約で書面でクライアントに通知されます。 注文により、クライアントはそれぞれの場合に合意された明示的な追加料金を認識します。

6.
納期

納期 履行期間は契約当事者間で個別に交渉され、オファーと注文の確認または料金契約に書面で記録され、両当事者によって確認される必要があります。

そのはず 遅延 請負業者が責任を負わない注文が実行されると、請負業者はクライアントにそのことを通知します できるだけ早く知らせてください。 請負業者は、ITシステム、データネットワークの中断によって引き起こされた遅延や損害について、明示的に責任を負いません。 ホスティングプロバイダー、 クライアントからの情報が不足している、 第三者の行為または hより大きな暴力に基づいて、提供 私は 重大な過失または意図は、個々のケースで証明されていません。 クライアントは、意図的または重大な過失の立証責任を負います。

その他 遅延が発生した場合、クライアントは、合理的な猶予期間が設定され、結果なしに期限が切れた後にのみ、契約を取り消す権利があります。 故意および重大な過失を除いて、不履行による損害賠償の請求は除外されます。

7. Zahlung

支払いは、配達後に請負業者の銀行口座またはPayPalアカウントへの銀行振込で行われます。
と受け入れ パフォーマンスと請求。 法案は 通常 1以内4 請求書が提供されてから数日後、電子的または郵送で支払う。 逸脱する規制は契約上合意することができ、両当事者が書面で確認する必要があります。

10日目以降 支払い期限後 クライアントが来る 基本的に 支払いのデフォルトでは、 支払いのリマインダーを必要とせずに.

請負業者は、
Aの前払いを注文する 50まで注文金額の%を要求し、定期的に提供されているサービスの請求書を発行する (部分的な請求書).

クライアントによる支払いの不履行が発生した場合、請負業者は、すでに提供されているサービスの全額が支払われた後にのみ、契約を履行するために追加のサービスを提供する権利を留保します。

さらに、請負業者は、法的に支払いを要求するために、クライアントを犠牲にして、支払いの明白なデフォルトを伴う未払いの請求を弁護士または債権回収サービスに引き渡す権利を留保します。 クライアントは、この場合、処理に必要なデータが現在のデータ保護ガイドラインに従って第三者に渡される可能性があることに明示的に同意します。

8. ヴェールrプライバシー/秘密

両契約当事者は、すべての注文および個人データと情報を提供することを約束します およびドキュメント 厳重に機密扱いされます。 情報やその他のデータの転送ですか または 注文の実行に必要な書類。これは契約書またはその前に記録する必要があります。 パッシング 書面でクライアントに通知します。 守秘義務には、請負業者のすべての代理人も含まれます。

請負業者は、最初の会議の前または開始時に、有効で署名された機密保持宣言を使用して、(潜在的な)クライアントを(潜在的な)クライアントに引き渡します。 両当事者は、この機密保持契約に拘束されます。 これから逸脱する 規則は、書面でそれぞれの締約国に伝達され、それらによって確認されなければなりません。

請負業者の義務には、クライアントから提供されたデータと情報、および契約の履行に属するドキュメントとサービスも、可能な限り最も安全な方法で、可能な限り安全なデータキャリア(たとえば、インターネット接続、外付けハードドライブ、データキャリア)、許可されていない第三者によるアクセスや、ウイルスやマルウェアによる障害を、その権限の範囲内で防止するため。

クライアントは、現在の技術状況を考えると、第三者による不正アクセスやウイルスやマルウェアに対する絶対的な保護を保証できないことを明示的に通知されます。 したがって、請負業者はこれに対して包括的な責任を負うことはできず、不正アクセスを回避し、リスクを最小限に抑えるために全力を尽くすことを保証するだけです。 残りのリスクはクライアントが負担します。

D請負業者のデータ保護宣言がそれに応じて適用されます。


9. 協力する義務 と責任 クライアントの

注文を実行するために必要な情報と文書 サービスの開始時に、クライアントが可能な限り完全かつ正確に利用できるようにする必要があります。

遅れ ハンドオーバー, 不完全性または不正確さ 請負業者への必要な情報と文書の提供は、請負業者のパフォーマンスの遅延に対するクライアントの責任であると見なされます。 クライアントによる情報や文書の引き渡しが遅れた場合、請負業者はその経済秩序の状況に応じてサービス期間を再定義するか、あるいはそれを調整する権利があります。 設定 適切なn 契約を解除する。 この場合、請負業者が契約を解除した場合、クライアントは請負業者の以前の費用とサービスを支払う義務があります。

クライアントはすべてのコンテンツに対して責任を負います、 死ぬ 第三者の権利の遵守 法的な適合性(青少年保護法、データ保護法などの順守を含む) 使用される情報と文書 だけでなく、コンテンツ. 第三者の権利の遵守に関する請負業者による審査 または法定規定 起こりません、 これに対する請負業者の責任は除外されます.


請負業者は、特にWebサイトについて、誠意を持って適切であり、自身の知識に基づいて法的に許可されているコンテンツのみを使用する権利を留保します。 また、政治的動機のために、 栄光に満ちた暴力 または炎症性のコンテンツ、この予約が適用されます。 請負業者が契約の締結後にそのようなコンテンツを拒否した場合、請負業者は通知なしに契約を取り消す権利があります。 さらに、請負業者はさまざまなコンテンツを提供する義務があります 公益のために それらを適切な当局に報告する 彼または彼女の一般的な知識によると 適用法に違反します。

10. 請負業者の責任

D請負業者とその代理人は、現在の知識の状態に応じて、必要かつ慣習的なケアに従って、すべてのサービスを誠実に実行します。

請負業者は、実施されたサービスおよび措置の成功について一切の責任または保証を負いません。 さらに、クライアントからの不正確または不完全な情報または文書が第三者の権利に影響を与える場合、請負業者は責任を負いません。

請負業者 クライアントが証明しなければならない意図的または重大な過失に対してのみ責任を負います。

11. 撤退

起業家のための撤退の権利
機関および登録社 明示的に除外されます。 これらの利用規約は、明らかに消費者を対象としたものではありません。

12. 即時実行

請負業者はサービスを実行する権利があります ご注文直後 始めること。 クライアントは、これらの一般条件に同意することにより、即時実行に明示的に同意します。

13. 保証

サービスの明らかな欠陥は、クライアントが書面または電子メールで請負業者に報告する必要があります。 苦情は、是正のためのHGBの意味で商人によってなされることになっています。 その後の改善のために、合理的な期限を設定する必要があります。 そのような期限が設定されていない場合、変換と削減は除外されます。 Fで
e期限を設定した後にその後の改善が行われた場合、クライアントは変換または削減のいずれかの権利を有します。

14. 責任の制限/データ保護

クライアントは、契約上の義務を履行するために、請負業者が個人データおよび注文関連データを保存および処理する必要があることをここに通知されます。 使用と保管は、可能な限り細心の注意を払い、個人データを最大限に保護して行われます。 あなたは私たちの別のであなたのデータを保護するための私たちのケアの詳細を見つけることができます プライバシーに関する声明 免責条項 エンテメン

15 その他/可分性条項

すべての変更、追加、または付随的な合意は、書面で行う必要があります。

この契約の個々の条項が無効または執行不能である場合、これは残りの契約の法的有効性に影響を与えないものとします。 無効または執行不能な条項の代わりに、無効または執行不能な条項の経済的意味およびクライアントと請負業者の利益に可能な限り近く、現在のドイツの法律に準拠する条項を相互に合意する必要があります。 これは、追加する価値のある契約の抜け穴にも当てはまります。

これらの一般条件および締結された契約は、ドイツの法律の対象となります。 法的に許容される限り、契約当事者は、ゲッティンゲンが契約に起因または関連して発生する紛争の管轄権を有することに同意します。


スタンド: 01.09.2019